ANA Latte - ANAグループの現役CAが旅の魅力を発信!思いどおりの女子旅を応援します

高松 高松ART巡りの旅 TAKAMATSU ART TOUR 2016

We went to Takamatsu 私たちが行ってきました

今回は高橋CAと深水CAが香川は高松に訪れました!
2010年から3年に一度開催されている瀬戸内国際芸術祭へ。
現代アート作品と高松市の観光スポットをめぐります。

高橋CA 深水CA
  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 高松観光スポット

高松市 Takamatsu City

香川県の中央に位置する高松市。
近年、アートの街として名高く、そこかしこにアート作品を見つけることができます。日常の中にアートが溶け込んだ街を楽しめます。
その他にも国の文化財庭園の中で最大の広さを持つ「栗林公園」や日本三大水城の一つ、高松城跡を整備した「玉藻公園」など 四季折々の景観が楽しめる公園も必見です。
島旅へ行くなら高松港から女木島、男木島へ。

イメージ

01:天守台から望む園内/02:披雲閣庭園/03:披雲閣庭園

史跡高松城跡玉藻公園

国の指定史跡である高松城跡を整備した公園
季節ごとにさまざまなイベントも開催

公園にある多くの松の木が圧巻。その他にも美しい庭園や、瀬戸内海の海水を引き込んだお堀に泳いでいる鯛は見る目を楽しませてくれます。
夜間のライトアップとミストシャワーもおススメだそうです。
高松城の歴史についても説明していただき、高松城復元に向けての強い思いを知ることができ、とても勉強になりました。

【玉藻公園】
住所:高松市玉藻町2-1
電話:087-851-1521
アクセス:JR高松駅/ことでん高松築港駅 徒歩3分

イメージ

高松グルメ

  • イメージ
    本場の讃岐うどん「風月」

    店員さんとの距離が近く、アットホームな雰囲気。注文してから麺を茹でているそうです。また、食べ方も丁寧に説明してくださいます。
    人気のかしわ天ざるは、黒こしょうの味付けがよいアクセントに!麺はもっちりしていてコシもあり、とても食べごたえがありました。

    【風月】
    住所:高松市紺屋町4-13
    電話番号:090-5716-4445

  • イメージ
    隠れた名店「クリームファクトリー」

    一口サイズのシュークリーム屋さん。フレーバーがたくさんあり、5つで300円弱なので、いろんな味を楽しめるのがが嬉しいポイント。
    特にムスリーヌシュー(生クリームとカスタード)は絶品。

    【クリームファクトリー】
    住所:高松市錦町1-19-3
    電話番号:087-851-4315

  • イメージ
    お土産にもおススメ「夢菓房たから」

    みかん大福、スイカ大福をいただきました。どちらもサイズが大きく、新鮮な果実と餡の相性は抜群!その他にもイチゴ大福やぶどう大福など季節の大福を楽しむことができます。
    店内はとても広く開放的で奥にはお食事スペースも。お土産物などもたくさんありました。

    【夢菓房たから】
    住所:高松市春日町214
    電話番号:087-844-8801

  • イメージ
    ケーキを食べながら一休み「菓子工房ルーヴ」

    希少糖を使用したお菓子を販売しており、女性におススメのお店。2階にはカフェスペースもあり、ゆっくりと過ごせます。
    季節により旬の素材を使用したケーキがショーケースに並びます。今回いただいた桃をふんだんに使ったケーキは、桃がとてもジューシーでクリームの甘みと絶妙な組み合わせでした。

    【菓子工房ルーヴ】
    住所:高松市鹿角町290-1
    電話番号:087-869-7878

仏生山 Busshozan

高松市中部に位置する、今もなお江戸時代の商家や町家など古い民家が点在する門前町。
ちきり神社に至るまでの本町通りといわれる仏生山街道はかつて歴代の高松藩主が墓参りに訪れたため「お成り街道」と呼ばれており、毎年10月には高松秋のまつり・仏生山大名行列が開催されます。
歴史に思いを馳せながら、仏生山界隈をゆっくりと散歩すると新たな出会いがあるかもしれません。

イメージ

01:湯上がりどころ/02:外観/03:仏生山温泉小書店

仏生山温泉

大浴場のほかに露天風呂も
美人の湯と呼ばれる重曹泉で心身ともに
リラックス

温泉施設とは思えないスタイリッシュでモダンな建物。施設内は広々としていて、本がたくさん置いてあったりとゆっくり寛げるのが魅力的。食材や可愛い雑貨なども買うことができます。
帰りの空港に向かう途中で立ち寄るのがおススメ!

【仏生山温泉】
住所:高松市仏生山町乙114-5
電話番号:087-889-7750

仏生山まではことでん高松築港駅から約20分

カフェ「アジール」

イメージ

築90年の古民家を改築

シックでオシャレなカフェ。木材をたくさん使用した造りで、森の中にいるような気分になれます。
店内も店員の方の雰囲気も良く、ゆったりとした空間を感じられました。

【カフェアジール】
住所:高松市仏生山町甲2507
電話番号:087-889-1531

サーカス図書館

イメージ

国内でここだけのサーカス図書館

館内には世界各国のサーカス関連の本がたくさん並んでいて、海外にいるような気分に。カフェ「アジール」に併設されているので、気軽に立ち寄れることができます。

【サーカス図書館】
住所:高松市仏生山町甲2507
電話番号:087-889-1531

法然寺の寝釈迦

イメージ

初代讃岐藩主である
松平頼重によって建てられたお寺

御釈迦様の像は色々な場所で拝見したことがありましたが、寝釈迦は初めてでとても新鮮でした。御釈迦様がお亡くなりになられた様子が細かく表現されており、周りにいるお弟子さんや動物などの像も表情豊かでした。
写真撮影が禁止されているので足を運んで実際に見るのがおススメです。

屋島 Yashima

高松市のシンボルともいえる屋島。屋根のような独特の山のかたちからその名が付けられたといわれています。
山頂には四国八十八ヶ所霊場の第84番札所の屋島寺やAR・VR技術で当時の様子が甦った古代山城の屋嶋城があります。また山頂には三大展望台があり、遊鶴亭から望む320度のパノラマ、談古嶺から望む源平屋島古戦場跡、獅子の霊巌から望む夕夜景は訪れた人を魅了します。
ファミリーやカップルにおススメのスポットです。

イメージ

01:獅子の霊巌展望台/02:かわらけ/03:獅子の霊巌展望台

かわらけ投げ

瀬戸内海を望む獅子の霊巌展望台から
海に向かってかわらけ投げ

せんべいのような小さい皿状の土器「かわらけ」を投げることで開運、厄除けになるそうです。
瀬戸内海を見渡しながらかわらけを投げるのでとても開放的!
手のひらサイズの丸いかわらけなので、女性や子供でも投げやすいのがポイント。吊るされた輪に通ると願いが叶うといわれています。

皆さんも是非チャレンジしてみてください!

JRホテルクレメント高松

JR高松駅に隣接、空港からのリムジンバスもあり大変便利。観光やビジネス拠点に最適な本格的シティホテルです。

今回はスイートルームを見学させていただきました!
お部屋に入って、まず目に留まるのが大きな窓。瀬戸内海や高松市街を一望できます。日の入りや夜景もおススメだそうです。
広々としたお部屋で、女性には嬉しいアメニティや可愛い食器がそろっています。

【JRホテルクレメント高松】
住所:香川県高松市 浜ノ町1-1
電話番号:087-811-1111

イメージ

今すぐ旅へ出かけよう!

  • 航空券+宿泊「旅作」
  • パッケージ
  • ホテル

フライト 行き

往路出発日
出発空港
到着空港

フライト 帰り

復路出発日
出発空港
到着空港
東京(羽田)

宿泊

宿泊地区
宿泊地域
宿泊日数

人数

参加人数
※3歳以上
1部屋あたりの利用人数

すべてのツアーから探す

出発地
行き先
出発日
旅行日数

こだわり条件で絞り込む


商品コードから探す

出発日
出発地
商品コード

掲載している写真はすべてイメージです。
掲載の情報は2016年7月現在のものです。