ANA Latte Special '08.12 台湾

全身メンテナンス:歴史ある漢方薬で身体の不調を撃退「生元薬行(ション ユエン ヤオ ハン)」

バックナンバー

副作用がなく、安心・安全な漢方薬


清の時代に発展し、今なお台湾の人々の暮らしに根付いている漢方。「苦くて、飲みにくそう」という先入観から、敬遠していました。でも、今回はせっかく台湾を訪れたので、挑戦してみることにしました。「生元薬行」は、1946年に開店した老舗の漢方薬局です。置いてある漢方薬の数はなんと数千種類!「この店の漢方は、とても回転が早い」とオーナー。とても人気があるお店なので、新しく、良質の漢方薬が手に入るのだそうです。
西洋医学が発達するなか、漢方が廃れないのは、やはりその安全性。「副作用が少なく、老若男女、誰でも飲めるんですよ」と先生。化学物質を使用していないので、病気になった時だけでなく、予防のために毎日でも飲めるほど安心だそうです。

漢方医の資格である「国家中医」をもつ先生が問診。身体の不調を的確に診断し、漢方薬を選定。

 
肌に良いものや新陳代謝を良くするものなど、用途に合わせてあらかじめパックしてある漢方薬も豊富に揃います。

ひとりひとりに合わせて調合


漢方の基本は、まずは問診から。同じような症状だとしても、体質、身体の状態、体格などによって、ひとりひとりの分量や種類が変わってくるで、しっかり問診してから購入するのがオススメだそう。まずは、「国家中医」の資格を持つ王明我先生に診てもらいました。まずは手を取って脈を計ります。ここでも、「睡眠の質があまり良くないね」「冷え性だね」と先生。日頃の疲れがたまってしまっているようです。処方箋を渡され、漢方薬の調合をしてもらいました。「漢方って苦くて苦手で…」というと、「鶏肉と一緒に煮込むと、飲みやすいわよ」と笑顔で語ってくれたオーナー。その顔は、ツヤツヤ、ピカピカ! 「毎日、飲んでらっしゃるんですか?」「もちろんよ」。そんなやり取りに、が然、やる気が出てしまいました。
生元薬行(ション ユエン ヤオ ハン)へのアクセス

佐々木CAの“台湾”旅プランナー
台湾の旅を自由に満喫し、全身メンテナンスをするなら、「フリースタイル台北3・4日間」がおすすめです。
詳細はこちら >>

台湾のおみやげセレクション
佐々木CAがおすすめする台湾のおみやげはこちらからご覧になれます。ご旅行に行かれる前にチェックしてみてくださいね。
台湾のお土産はこちら>>


台湾のこと、もっと知りたい方はこちら


※Macromedia Flash プレーヤーのダウンロードはこちら アクセス情報はこちらから