機内でお客様へご挨拶やお話する際、笑顔は欠かせません。その際、意外と印象に残るのは口もとだと思います。そこで、約60分で白い歯によみがえるホワイトニング法をご紹介します。歯のホワイトニングは一般に、ホームホワイトニング、レーザーホワイトニング、ブライトスマイルがあります。その中でもおすすめなのが、私が使っている「ブライトスマイル(BRITE SMILE)」ですpic1。ブライトスマイルは、“削らない・麻酔なし・歯を傷つけない安心のホワイトニングシステム”で、アメリカNASAの科学者が開発されたそうです。歯の白さは大きく分けて16段階あり、ブライトスマイルは一回で最大9段階も白くすることができるといわれています。また、一度に20本の歯をホワイトニングできるのでラクです。


使用方法もいたって簡単。ガスプラズマライトというライト(レーザーではなく高熱も発しません)と15%過酸化水素のジェルを使います。歯の表面にジェルを塗り、ライトを当てることによりジェルが活性化し、歯についた色素を目立たなくします。約1時間で日常の歯磨きやクリーニングでは落ちない、お茶やコーヒーなどでついた汚れをきれいに取り除いてくれます。普段から、色素が沈着しやすい食べ物には気を遣っています。極力、人工着色料を使用していない天然のもの、赤ワインより白ワインを選んで、いただくこともあります。カレーやトマトソースのお料理をいただいた際には、特に注意して歯磨きします。


自宅では通常の歯磨きに加え、1日1〜2回ブライトスマイル専用の歯磨き粉、マウスウォッシュとホワイトニングペンを使っています。これらは、白い歯を維持するには欠かせないアイテムです。さらに、私はコーヒーや赤ワインをよく飲むので、ステイン付着予防と歯の磨き残しを最小限に抑えるため、超音波歯ブラシ「ウルティマフレッシュ」を使っていますpic2。超音波歯ブラシは音波歯ブラシと違い、微動はあるものの自分の手を動かして磨かなくてはなりません。超音波歯ブラシを使うようになってから、ステインがつきにくくなりました。フライトにも毎回携行しています。また、1〜2ヶ月に一度、かかりつけの歯医者さんで歯のクリーニングをしています。実は、ブライトスマイルもかかりつけの医院でやってもらったことがきっかけで自宅でも使うようになりました。日常のお手入れやクリーニングメンテナンスをきちんとしていれば、ホワイトニング効果は2年ほど持続するそうです。私たちはお客様の前に出るために、見えないところでこのような努力もしています。みなさんも、自信を持って美しい笑顔が出せるよう、少しだけ手間をかけて歯をお手入れしてみませんか?



HOME What's ANA Latte リンクとバナーについて プライバシーポリシー サイトマップ 最新情報RSS配信 航空券 - ANA